teushi-labo.com

スポンサードリンク
飛んで曲がらないゴルフスイング

アマチュアゴルファーは、ドライバーを持つと飛ばそうとしますが、フェアウェイをキープし方向性を重視したスイングをしなければ良いスコアは作れません。

結果的に飛距離も伸びるようになります。



⇒⇒⇒最新ゴルフスイングを学びたい方はこちら

 

スイングお成否を決めるアドレス。アドレスでチェックするのは3つまで!

1.グリップは手のひら全体で包む

グリップでどの指に力をいるかと聞かれたら、10本の指すべて均等に強さで握っていると答えます。

ただ、指だけで握っているという感覚はなく、手のヒラ全体でグリップを包んでいる感じ。

どこかに力を入れて握るというより、クラブと自分をつないでいる部分という感覚です。

よく左手小指はしっかり握って緩まないようにとかいいます。

もちろん間違いではないですが、均等に力を加えて握る方が体重がスムースに動きます。

アドレスでは、できるだけリラックスした状態を作ります。

構えた時に力みがあるとスムースな始動はできないし、スイング全体のリズムやテンポは出ません。

考え過ぎると力みが生じますから、あきらかに不自然な形にならないようにすればいいでしょう。

言い換えれば、いかにテンポよく振れるアドレスを作るかということになります。

チェックするのは3つ。
それ以上チェックするポイントを増やすと、始動できなくなってしまいます。

どれだけターゲットに正確にアドレスできたとしても、スムースに動けなければ意味がないのです。

2.猫背にならないこと

飛球線後方からの形では、構えた時に背中が猫背になっていないかを確認します。

猫背になると、スイング軸を感じにくくなり、スムーズに体が回転しなくなります。

スイングリズムも悪くなるので、スイング軌道が狂う原因になります。

それでは、背中は反るようにぴんと張るのかというとそうでもありません。

背中を反らせると、上体の力みが生じるからです。

多少の緊張感を持ちつつ、あくまで自然な形というのが重要なポイントです。

3.手首は肩の下

手元の位置は、前傾した時の方の真下に置きます。

これよりも体に近過ぎると、インパクトで詰まってしまうし、遠すぎると前傾角度が変わりやすく、その結果スイング軌道が不安定になってしまいます。

前傾をして腕を脱力させるとこの位置になるはずです。

ただこれも実際に打つ時に、手元の位置はここでないといけない、と考えるとスムーズなスイングはできません。

あくまで練習の時にチェックし、クセをつけておきましょう。

スポンサードリンク
 

トップの位置は手元ではなく肩の入り具合できまる

アマチュアがスイングで最も気にするのがトップの位置だが、手元の位置やヘッドの位置は気にしなくてもいいんです。

ゆったりと流れるようなリズムでスイングするには、形にとらわれないことが重要です。。

テークバックで意識しているのはヘッドを真っすぐに引くことです。

ターゲットに対して、いかにスクエアにあげられるか。

これが方向性を高める最も重要なポイントと言えます。

スイングタイプによって、インサイドに引く人もいれば、アウトサイドに引く人もいますが、なるべく真っすぐ引くのが良いでしょう。

また、トップ位置を気にするアマチュアが多いように感じますが、手元の位置やヘッドのポジションは気にしない方がよいでしょう。

意識するのは左肩をあごの下に入れること、これさえできていればトップはいい位置に上がっています。

極端なことを言うと、左肩さえ入っていれば、手元やヘッド位置なんてどこでもいいくらいの気持ちでOKです。
 

体重移動とは拇指球への乗り具合のこと

体重移動を意識し過ぎると、右から左への横運動が大きくなり、回転力が落ちる感じがあります。

だから本当は体重移動を意識し過ぎないほうがいいでしょう。

ただ、飛ばしのためには体重移動は必要です。

だから、体重の乗せ方を意識するとよいでしょう。

アドレスで左右の拇指球に均等に体重がかかるように構え、スイング中は常に拇指球に体重がかかっている状態で振ります。

スイング中に左右の拇指球の乗り具合は変化しているはずです。

これがすなわち体重移動ということ、この乗り具合をアドレスで5対5、トップで右6対左4、インパクトで右4体左6、フォローからフィニッシュで右1対左9が目安です。

体が硬い人は体のネジレが少ない分、トップで左に7くらい乗せても大丈夫です。
 

ダウンスイングは左手だけで考える

トップでしっかり左肩をアゴの下に入れた後、切り返しで左手を引っ張るイメージでダウンスイングします。

回した肩を戻すとか、フェースをスクエアに戻すという気持ちは全くなく、左手主導のダウンスイングに徹します。

理由は、左手を使うことで体の左サイドの意識が高まるからです。

ボールをたたく意識が高い人は、右手で打ちにいくクセがあります。

インパクトで体が開いてしまい、右プッシュのミスが出ます。

左手を下すことだけ考えていれば、左サイドの壁が崩れにくく、体の開きを抑えることだできるようになります。

手首のコックはキープし続ける意識を持っていても、結果的に勝手にほどけます。
 

低い球を打つならティは高めにセットする

風の強い日や狭いホールできっちりフェアウェイをキープさせたい時に多用するのが低いライナーボール。

通常、低い球の打ち方は、ティアップを低くして、ボールを少し中に入れたりしますが、逆にティを高くして打つ方法もあります。

高くティアップしたボールに、ヘッドをやや上目から入れるイメージで下ろし、ヘッドをボールの先に低く長く出していきます。

ちょうど左足下がりのライで打つイメージです。

ヘッドを下に動かすことができれば、フェース面でボールを押し込むことができます。

低いティアップでは、ボールの先の下方向にヘッドを動かせません。

この時注意してほしいのが、右手で押し込もうとしないこと。

意識はあくまでも左手主導でスイングすることです。